BLOG

ブログ

低気圧に起きる肘の痛みは自律神経の乱れを治す

低気圧に起きる肘の痛みは自律神経の乱れを治す
公開日:2024年2月24日
更新日:2024年2月24日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

なぜ雨の日や低気圧のときに肘が痛くなるのか

・雨の日に肘に痛みが起こる
・気圧が下がると肘の曲げ伸ばしがうまくいかない
・雨が降りそうになると肘がこわばって動きにくい

このような症状で悩んだことはないでしょうか。
これらの症状の原因には低気圧による自律神経の乱れが関係しています。

当院に来られる肘の痛みでお悩みの方からはこのような主訴をよく聞きます。
その中には「関節の痛みで明日の天気が分かる」なんておっしゃる方もおられました。

今回は「低気圧や雨の日に起きる肘の痛みは自律神経の乱れ」と題して、低気圧で起こる肘の痛みの原因と改善方法を解説します。

低気圧はヒスタミンが増えて炎症が起こりやすい

雨の日によく関節痛や腰痛がひどくなったり、捻挫などのいわゆる「古傷」が痛む現象には低気圧が関係しています。

普段は私たちは感じませんが身体は外界の1気圧の圧力で周りから支えられています。
しかし、低気圧になるとこの支える圧力が弱まるため身体が膨張傾向になり関節が緩みます。

さらに低気圧になると炎症にかかわるヒスタミンという物質が体内で増えやすい傾向にあります。
他にも、湿度や気温の変化から来る自律神経の乱れが痛みに関与します。

これが雨の日や雨が降る前に起こる肘の痛みの原因です。

身体が膨張すると血流が滞りやすくなる

この気圧の変動についてわかりやすくイメージでお伝えすると、「水道に繋げたホースを手でつぶすと水は勢いよくでますが、離すとゆるくなる」というものがあります。

この原理でいうと低気圧は心臓から送り出される血液が血管が緩んでしまい流れが遅くなるということが考えられます。

こうした気圧の変化(気温の低下や高い湿度)で身体が膨張するとヒスタミンの増加自律神経の乱れ血流の停滞などが重なり肘の痛みにつながるというわけです。

肘の痛みを予防するセルフケアについて

こういった低気圧や雨の日に痛みが出やすい方は、収縮性のあるサポーターを肘に巻く事をおすすめします。
薬局でも売っている綿や化繊のもので充分です。

これは保温が目的ではなく、まわりから全体的な圧を加えることに意味があります。
肘の曲げ伸ばしに支障が出ない程度のものを選ぶのがポイントです。
(血流が悪くなるほどきついものは避けましょう。)

また皮膚刺激によっても血流を促進させることができますので、痛みが起こりやすい患部を反対側の手で擦って刺激を加えるのも効果的です。

雨の日に起こる手のしびれは当院の鍼灸治療で改善できる

このような雨の日に起こる肘の痛みには鍼灸治療が効果的です。

自律神経が原因で起こる肘の痛みは西洋医学的な薬物療法やマニュアル通りの治療では良くなりません。

改善のためには一人ひとりの体質の違い、生活環境の違いなどを考慮した治療が必要です。
それが可能なのが当院の鍼灸治療による自律神経の調整です。

ぜひ、低気圧による肘の痛みでお悩みの方はご相談ください。



関連する記事
雨の日に手が痺れる症状は手根管症候群の前兆
気圧で起こる背中が痛みの原因は自律神経の乱れ
低気圧で目の奥が痛い症状は鍼灸で改善できる

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る