BLOG

ブログ

ストレス性胃腸炎の鍼灸での治し方

ストレス性胃腸炎の鍼灸での治し方
公開日:2022年11月18日
更新日:2023年9月12日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

ストレス性胃腸炎でお悩みの方が増えています

現在、当院ではストレス性胃腸炎でお悩みの方が多くご来院されています。
その中でも特徴的な症状に「朝起きたときに胃のむかつきや吐き気がある」「食事の前後、みぞおちに不快感がある」などの症状を訴える方が増えています。
胃痛や胃腸炎など胃の不調が起こる原因として最も多いのがストレスといわれています。仕事や学校でのストレス、人間関係のストレス、高齢化に伴う介護によるストレスなど現代社会では様々な精神的・肉体的ストレスに影響を受けています。ではなぜストレスを受けると胃に不調が起きるのでしょうか?
今回は「ストレス性胃腸炎の鍼灸での治し方」と題してストレス性胃腸炎が起こる原因とメカニズム、ストレス性胃腸炎に対する鍼灸の有効性を解説します。

心身のストレスと胃腸の働きには自律神経が関係している

ストレス性胃腸炎でお悩みの方の多くは慢性疲労、睡眠不足、寒暖差など身体的なストレスや不安、悩みなど精神的なストレスを受けると、「食欲がなくなる、胃がもたれる、胃が痛くなる、お腹を壊しやすい」といった不調を経験したことがあるとおもいます。とくにお腹を下すようなものを食べてなくてもお腹が痛くなったり下痢をしてしまったりするのがストレス性胃腸炎ですが、この不調を及ぼしている心身のストレスと胃腸の働きの間には「自律神経」という胃腸をコントロールしている神経が関係しています。※1

ストレスによって胃酸が過剰に分泌され胃に炎症が起こる

ストレス性胃腸炎は過度な不安や緊張、イライラした時など心理的ストレスによってみぞおちや腹部に胃腸炎の症状があらわれる病気です。
この心理的ストレスによって自律神経の中でも交感神経という身体を興奮させる神経を働かせます。主に交感神経は筋肉を緊張血圧を上昇心拍数の上昇などを起こします。
しかし、交感神経は血液の循環や筋肉だけでなく消化管でも働きが活発になります。発生直後は交感神経の興奮によって胃酸の分泌が急激に減少するのですが、バランスを保つために副交感神経が過剰に働き始めて胃酸の分泌が増大し胃壁に炎症が起こります。この過剰な胃酸の分泌がいわゆるストレス性胃腸炎の胃痛になります。※2

ストレスで腸が知覚過敏になり機能失調になる

またストレス性胃腸炎の腸の不調は下痢や便秘を中心に、腹痛、腹部膨満感などの不快な症状を出現させます。原因は胃炎のときと同様にストレスにより自律神経が乱れることによります。自律神経が乱れると腸の反応が知覚過敏になり、腸が過剰に蠕動運動を働かせたり、逆に運動しなくなったりと機能に不具合が生じてしまいます。これが便秘や下痢を交互に繰り返す原因となります。※3

ストレス性胃腸炎のセルフチェック

ストレス性胃腸炎のセルフチェックです。以下の項目に該当する数が多いほどストレス性胃腸炎の可能性があります。
・胃の痛みがある
・みぞおちの痛みや不快感がある
・胸やけがする
・腹部膨満感がある
・食欲不振がある
・疲労感が強い
・下痢や便秘を繰り返す
・吐き気や嘔吐がある
・下血(黒色便)や吐血をする
・肩こりが強い
・頭痛が頻繁にある
・めまいがする
・不眠が強い

気の鬱滞が胃腸に流れ込み胃腸の調子を狂わす肝気犯胃

ストレスによって胃腸に不調が起こす病態を東洋医学ではどのように説明しているのでしょうか。
東洋医学の専門用語で「肝気犯胃 かんきはんい」と呼びます。この肝気犯胃のメカニズムは肝の気の巡りが滞り鬱滞が起こると胃腸に気が流れ込み胃腸の調子を狂わすというものです。
西洋医学では「ストレスにより交感神経が高まり胃酸の分泌が増えて胸やけを起こす」など自律神経の乱れによって説明します。
イメージとしては肝の気(交感神経)が胃腸を攻撃してストレス性胃腸炎になっている状態です。※4

実はカウンセリングによる心理的ストレスの軽減で改善できる

自律神経失調症は「自律神経失調症そのものがストレスに感じる」「治らないことが余計に不安になり症状が強くなる」「ついつい自律神経失調症のことを気にしてしまう」といった不調に対する捉え方や考え方によっても症状を悪化させることがあります。そのため改善のためには不調そのものに対する捉え方や考え方を修正することがとても重要になります。日々、知らず知らずのうちに症状を強めてしまったり改善を妨げている心の癖や考え方の癖を、正しく修正し心理的ストレスを軽減させることで自律神経失調症が完治されることが多々あります。当院でもカウンセリングと鍼灸を組み合わせた方法で治療を行っております。ぜひ、強い精神的なストレスと不調でお悩みの方はご相談ください。

ストレス性胃腸炎を改善させる効果的なツボ

【ストレス性胃腸炎を改善させる効果的なツボ】
・豊隆(ほうりゅう)・・・膝と足首の中間で外側の筋肉が1番盛り上がっているところ。
【ツボマッサージのポイント】
やや親指を立てた状態でツボの周囲を押してとズーンと響くポイントがあります。
響くところを見つけたらじっくりと5秒間指圧したあとに力を緩めずに小さく円を描くようにマッサージしてみてください。
これを左右で3セット行います。

当院が考えるストレス性胃腸炎を治す鍼灸治療

このようなストレス性胃腸炎の原因は自律神経の不調によるものです。この不調を治そうとクリニックに受診しても大抵は胃腸薬を処方されます。西洋薬はあくまでも対処療法としてストレス性胃腸炎の症状を抑えるだけで根本的な原因である自律神経の乱れや失調を治すものではないため、胃腸薬を止めてしまえばまた症状が出現します。
しかし、当院で行っている鍼灸治療は東洋医学に基づくもので、根本的な原因である自律神経の乱れを改善する鍼灸治療です。
患者様の個々の体質を問診や検査でお調べし、体質に合った東洋医学のツボを利用することで自律神経の乱れを改善することができます。

ストレス性胃腸炎の薬を飲まない治し方は鍼灸治療が効果的

現在、当院ではストレス性胃腸炎でお悩みの方が多くご来院されています。
当院の鍼灸治療は根本的な原因であるストレスによる自律神経の乱れを改善し、胃腸が炎症を起こさせない体質へと導くことができます。
東洋医学は薬に頼らずに根本的な改善ができるため安心して治療が行えます。
ぜひ、ストレス性胃腸炎でお悩みの方は当院の東洋医学の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


関連する記事
夏の疲れは胃腸の疲れの胃バテが原因
座ると胃が痛いときにすぐ効く治し方
胃の動きが悪い原因と良くする方法
胃痙攣のセルフチェックと鍼灸での治し方
下部食道括約筋の機能が改善するツボと鍼灸治療
[参考]
※1 急性腸炎ってなに?ストレスが関係する?原因や症状について/ 西春内科・在宅クリニック
※2 胃炎の原因と治療法/湘南藤沢おぬき消化クリニック
https://www.onuki-clinic.com/gastritis/
※3 過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気ですか?/ 日本消化器病学会
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html
※4 「脾」の病証/ 和漢全人会花月クリニック
http://kagetsu-clinic.or.jp/kanpou/k_14.html

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る