BLOG

ブログ

横になると頭に血が上る感じが起こる原因と治し方

横になると頭に血が上る感じが起こる原因と治し方
公開日:2023年04月19日
更新日:2023年10月29日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)
X記事

頭に血が上る不調でお悩みの方に適切なアドバイス

横になると頭に血が上る感じがする
朝起きた時に頭に血が上るような感じがする
夕方になると頭の血が逆流している感じがする

このような症状でお悩みの方はおられないでしょうか。

この頭に血が上る感じというのは自律神経やホルモンなど血行循環の調整に関わる機能に不具合が生じて起こる症状です。
今回は「横になると頭に血が上る感じが起こる原因と治し方」と題してこの症状を完治するために効果的なツボや鍼灸治療の有効性を解説します。

頭に血が上る症状はのぼせ症状に似ている

頭に血が上る感覚は「逆立ちしている感じに似ている」と表現されることも多く、血流の異常によってこの症状が引き起こされていることがわかります。

しかし実際の血液の流れは心臓から全身に送られています。
当然のことながら心臓から頭へも血液が流れる構造になっています。

むしろ頭へ血液が行かなくなったら大変です。
ですので「のぼせる」という症状の本質は血液の流れの異常ではなくて、そのように感じる状態ということになります。

朝起きた時に頭に血が上るような症状は生理的のぼせ

強いストレスを受けたり、お風呂で長湯をしすぎたり、暑い場所にいたときなどに顔面部にのぼせる感覚が起こることがありますが、これは「生理的のぼせ」と呼びます。

これは「横になる」といった様々な姿勢や「朝方や夕方」といった時間帯なども要因となって生理的のぼせが起こると考えられています。

頭に血が上る感じの症状はストレスによる自律神経の乱れが原因

この「頭に血が上る感じ」という症状の原因にはストレスによる自律神経の乱れが関係しています。

自律神経は心臓の心拍や血管の脈拍など血液の流れを調節している働きがあります。
この自律神経の働きが身体的、精神的なストレスの影響によって機能が低下したり不具合が生じることがあります。

クリニックではこのような症状を「自律神経の失調」と診断することもあります。
何らかの影響によって頭部や顔面部の血管や血流の調整に異常が起こると「頭に血が上る感じがする」という症状が起こります。※1

頭に血が上る症状を改善するためには血管や血流の不具合を治す

頭に血が上る症状を改善するためには血管や血流の不具合を治す必要があります。
それを可能にするのは手や足など末端のツボを刺激して上昇した血流を緩和させることが重要です。

当院でも即効性の高いツボを利用してこの「頭に血が上る感じ」の症状を改善させています。今回は当院でも頻繁に利用するツボを紹介します。

【治療例&効果の高いツボ 】夕方頃になると頭に血が上る感じがする(50代男性)

【治療の体験者&改善方法】
50代男性で「半年前から夕方くらいになると頭に血が上ってぼーっとしてくる」との訴えでご来院されました。

ご来院される前にクリニックにて男性更年期の疑いがあるため血液検査を受けたのですが「男性ホルモンの数値には異常が無い、自律神経の不調ではないか」との診断を受けておりました。

当院では東洋医学的な問診と検査を中心に行いました。詳しくお身体を調べるとのぼせの症状以外に寝汗、便秘などもお悩みであることがわかりました。

その結果、この患者様は「陰虚(いんきょ)」と呼ばれる身体の体液や血液が不足している体質であると推測できます。
そのため鍼灸治療ではこの不足した体液や血液を増やす治療を中心に行い改善を促しました。


【主に利用したツボ】
・太衝(たいしょう)・・・足の親指と人差し指の骨が交差するところの前の、凹んだ場所

当院が考える頭に血が上る感じの不調を治す鍼灸治療について

当院ではこの頭に血が上る症状は東洋医学に基づく鍼灸治療で改善を図ります。
東洋医学は個々の体質や病態を詳しく把握し個々の体質に合った東洋医学のツボを利用することで鍼灸治療の効果を最大限に引き出します。

のぼせ症状といっても一人ひとり体質が異なり、この個々の体質の違いを上手く調整して治療が行えるのは東洋医学の鍼灸治療のみです。

悪化すると頭部内うつ熱に進行するため早めの改善が重要です

このような頭に血が上る症状は悪化すると「頭部内うつ熱」と呼ばれる、頭が熱くなる症状に進行する可能性があります。
この頭部内うつ熱というのは東洋医学的な用語になりますが、西洋医学では「自律神経失調症による血流異常、感覚異常」になります。

ホットフラッシュと同じように急に頭部がカッカと熱くなるような症状が起こり不快感が高まります。
そのため悪化しないように注意が必要な症状です。

※頭部内うつ熱については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

頭に血が上る感じの症状は当院の鍼灸治療で改善できます

頭に血が上る感じの症状でお悩みの方は当院の東洋医学に基づく鍼灸治療で改善できます。
当院では紹介したツボ以外にも即効性の高いツボを利用して相乗効果を促します。

繰り返し当院の鍼灸治療を受けることで体質改善が起こり症状の強さや症状が起こる回数などが減少します。
「どこに行けば自分の不調を正しく改善できるかわからない」と治療方法でお悩みの方は当院にお気軽にご相談ください。


友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


関連する記事
【ホットフラッシュ?】のぼせ症状の男性更年期に効くツボ
足の裏や手のひらの熱さは鍼灸で対処する
更年期のほてりをスッキリ改善させる食べ物
夜中に背中が熱い症状の治し方
コロナ後遺症のほてりや血が上がる様な症状に鍼灸
腰が熱くなる病気の原因に自律神経
[参考]
※1.自律神経失調による症状/公益社団法人女性の健康とメノポーズ協会
https://www.meno-sg.net/health/menopause/307/

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る