BLOG

ブログ

産後に起こる自律神経失調症は東洋医学の鍼灸治療で治す

産後に起こる自律神経失調症は東洋医学の鍼灸治療で治す
公開日:2024年03月01日
更新日:2024年03月01日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

産後、こんな症状でお悩みではありませんか?

・出産による腰痛や恥骨に痛みがある
︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎・不眠や全身の倦怠感など自律神経が乱れている
・産後に抜け毛や身体のむくみなどホルモンバランスが崩れている
・産後に肩こりや頭痛がひどくなっている ︎︎︎︎︎︎
・便秘、貧血、めまいなどがたびたび起きている

産後はこのような自律神経症状が起こりやすいとされています。
具体的には不安や緊張、吐き気、多汗、だるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などが起きます。

妊娠前は感じなかったような異常がいくつも出てくると、さらに精神的にも辛くなってきてしまいます。
今回は「産後に起こる自律神経失調症は東洋医学の鍼灸治療で治す」と題して産後に自律神経失調症が起こる原因と改善方法を解説します。

産後は大きく体質が変わる時期

産後は自律神経や女性ホルモンのアンバランスなどにより血行不良や免疫力が低下などが起こります。
産後に起こる様々な不調の原因にはこれらの変化が関係しています。

一般的に産後は最低1ヶ月は必ず安静にしてなければならないといわれています。
しかしその間にも育児等があるため心身のストレスが積み重なり、結果として肩こり、腰痛、倦怠感、疲労感などの症状に繋がってしまいます。

もう少し産後の自律神経の乱れの原因について詳しく解説していきます。

ホルモンバランスの乱れによる自律神経失調症

産後の自律神経の乱れの原因の一つ目には女性ホルモンバランスの乱れがあります。

妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンは産後に急激に減ります。
この急激に減ることがホルモンバランスの乱れに繋がり、結果として自律神経にも影響を及ぼします。

このようなホルモンが原因である産後の自律神経失調症は約1か月続くといわれています。
また妊娠する前から生理痛や月経痛で悩まれている方は、いつもより自律神経の症状が強く出る場合もあります。

慣れない育児へのストレスによる自律神経失調症

二つ目の原因は育児による心身のストレスがあります。

出産する前までは、ある程度自分自身の生活リズムは自分で決めることができました。
しかし、産後から育児が始まると子供のペースに合わせて生活を行うようになります。

・夜泣きによる睡眠リズムの乱れ
・子供が泣き止まない
・育児への心身のストレス
・24時間体勢で付きっきり
・育児
加えていつもと同じ量かそれ以上の家事

といったように急激な環境の変化やストレスによって自律神経が大きく乱されてしまいます。
自律神経失調症は身体の疲れだけでなく心理面(育児に対する緊張など)も大きく影響を受けて起こってしまいます。

産後の自律神経の乱れへの正しい対処法

産後の自律神経の乱れや自律神経失調症を完治していくには、適度な息抜きやリフレッシュが大切です。
母親として子供に全ての時間を注ぐことは尊くて重要なことですが、自分自身の体や心が疲弊しては元も子もありません。

自分でなくてもできることは、できる限り家族に協力してもらい、少しずつでもリフレッシュできる時間を作っていきましょう。

それ以外で自律神経を整えるために重要なことは、なるべく食事を三食摂るように心がけることです。
食事の内容も適当に済ませるのではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、骨盤の状態が安定してきたら、軽い運動(散歩やストレッチなど)をするようにしましょう。
呼吸を意識しつつ筋肉の緊張をゆるめるつもりで体を動かすと、心と体のリフレッシュにつながります。

産後の自律神経失調症はうつ症状も出るため要注意

今回は産後の自律神経の乱れについて解説しました。
自律神経失調症は体の痛みとは異なり、精神面にも影響を及ぼす症状となるため、より注意が必要となります。

特に症状が長期化する場合は、産後のうつ症状などに移行していくケースもあります。
早い段階でケアができると良いですが、
日々の生活の中で、自分一人で正しくケアを行っていくのは大変なことです。

不調が良くなっていかない場合は、専門家のサポートを受けた方が早く改善傾向に向かいます。

産後に起こる自律神経失調症は東洋医学の鍼灸治療で改善できる

現在、当院では病院やクリニックで治らない産後に起こる自律神経失調症でお悩みの方が多くご来院されています。

産後の自律神経失調症は様々な症状を伴う不定愁訴です。
当院ではこの様々な症状に対して東洋医学に基づき一人ひとりに合った体質を調べてツボを選定し鍼灸治療を行います。

同じ自律神経症状でも体質や状態は個々によって違うため利用する東洋医学のツボが変わります。
このツボの微調節によって一人ひとりに鍼灸の効果を最大限に引き出します。

ぜひ、「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方は当院の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。


関連する記事
骨盤矯正は意味がないと感じたら鍼灸
自律神経失調症は必見!やってはいけない3つの習慣と改善方法

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る