BLOG

ブログ

喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆?

喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆?
公開日:2022年10月20日
更新日:2023年1月6日
逆流性食道炎の主症状は「イガイガ、ジリジリする胸やけ」や「酸っぱいものがあがってくる、呑酸(どんさん)」というものです。
これらの症状であれば逆流性食道炎として認められるだけの炎症が起きており発見されやすいですが、げっぷ、喉のつかえ感だけでは発見されるだけの炎症が起きてなく見過ごされやすいものです。
悪化して炎症が起きる前に未然に防ぐことが大切です。今回は東洋医学的な観点で逆流性食道炎の症状からその改善方法や食事を解説していきます。

目次
1.喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆、未然に防ぐには東洋医学が必要
2.喉のつかえ感、ゲップが出るのはなぜか
3.「ストレスが胃に不調を起こす」は東洋医学の考え
4.ストレスによる喉のつまり感、げっぷは“気滞”という状態
5.「ストレスから胃の不調がでる」は東洋医学では肝気犯胃という
6.気滞と肝気犯胃を改善する食材について
7.まとめ
8.東洋医学の鍼灸治療で喉のつかえ感やげっぷは改善できます
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログ記事を書いている我々は5万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。

1.喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆、未然に防ぐには東洋医学が必要

逆流性食道炎は俗にいう「ストレスで胃に不調がくる」というものです。前述したようにストレスによって胸やけや呑酸の症状が起こればそれなりに症状が進行しているため逆流性食道炎の発見は難しくありません。
しかし、中にはげっぷや喉のつかえ感の症状から始まるものもあり、検査しても引っかからずに炎症が起きて悪化するまで見過ごされる可能性があります。
悪化を防ぎ早期に解決するためには西洋医学による検査ではなく東洋医学の検査、鑑別、対処が必要です。

2.喉のつかえ感、ゲップが出るのはなぜか

イライラしたりするだけでも自律神経が乱れてげっぷや喉のつかえ感は出てきます。
イライラだけでげっぷが出てくる?
そもそも喉のつかえ感やゲップが出るのはなぜでしょうか。一般的に「喉のつまり感やげっぷはストレスが原因である」とか「自律神経が乱れてげっぷが出る」と答えられる方はいるかと思います。
しかし「なぜストレスが胃に不調をきたしつかえ感、ゲップが出るのか」というメカニズムまで答えられる方は少ないかと思います
この部分に悪化を防ぐための根本的な治療が秘められています。

3.「ストレスが胃に不調を起こす」は東洋医学の考え

東洋医学では気血の巡りを調整しているのが「肝(かん)」の役割と考えています。
現代医学では肝は自律神経の調整血液の貯蔵と説明できます。その中でストレスは肝に影響を与え、肝が調整している気血の巡りを滞らせます。
これを東洋医学では「気滞 きたい」と呼びます。
この気滞という状態は身体のどの部分でも起きますが、とくに起きやすいのが喉になります。

4.ストレスによる喉のつまり感、げっぷは“気滞”という状態

喉のつかえ感やげっぷは気の巡りが滞ることで起こります。この原因に自律神経が乱れによって起こる胃の不調が考えられます。
喉のつかえ感やげっぷは気の渋滞
東洋医学では気血が淀みなくスムーズに流れている状態を健康と考えます。
この気血が滞ると不調が起きます。喉のつかえ感やげっぷの症状は胸部と喉を通るこの気の巡りが滞ることで起こります。
しかし、この症状は逆流性食道炎のみに起こる症状ではなく、肝の気が喉で滞ればどのような病気であっても起こると考えます。
肝の気の巡りが滞ることで起こるこれらの症状からどのように症状が進行するかはその人の体質次第といえます。

5.「ストレスから胃の不調がでる」は東洋医学では肝気犯胃という

ストレスによるイライラや緊張などにより肝気の巡りが滞ると胃を傷つけて胃の不調が起こります。
肝の気が滞ると胃に不調が起こります
では、喉のつかえ感やげっぷから胃に不調が起こる病態を東洋医学ではどのように説明しているのでしょうか。それを東洋医学の専門用語で「肝気犯胃 かんきはんい」と呼びます。
メカニズムとしては肝の気の巡りが滞り鬱滞が起こるとその鬱滞が胃に流れ込み胃の調子を狂わすというものです。
西洋医学では「ストレスにより交感神経が高まり胃酸の分泌が増えて胸やけを起こす」など自律神経の乱れによって説明しますが、東洋医学では気の巡りと臓腑(ここでは肝と胃の関係)で説明するのが特徴です。
逆流性食道炎は東洋医学ではこの肝気犯胃という状態をさします。
ではどうすれば喉のつかえ感やげっぷの状態を改善し逆流性食道炎を防ぐのか、また逆流性食道炎をどう改善するのかを中医薬膳の考えから食材を選んでみたいと思います。

6.気滞と肝気犯胃を改善する食材について

では気滞と肝気犯胃を改善する食材は以下になります。
  • 疏肝理気止痛(肝気の巡りをよくし痛みを止める)/そば,えんどう豆,みかん,きんかん,らっきょう,ジャスミン
  • 補気益胃(気を補い胃を高める)/うるち米,もち米,長芋,じゃがいも,にんじん,いんげん,れんこん,鶏肉,蜂蜜
食材選びのポイントは、
①肝の気の巡りを良くするための食材
②肝の気によって傷ついた胃を回復させるための食材
の2点になります。ぜひ、逆流性食道炎や喉のつかえ が治らないとお悩みの方は東洋医学を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

  • 喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆、逆流性食道炎に進行する前に改善する方法はある
  • なぜ喉のつかえ感、ゲップが出るかというと東洋医学では“気の滞り”と説明できる
  • ストレスによる喉のつまり感、げっぷは“気滞”という状態、「ストレスによる胃の不調」は肝気犯胃という状態
  • 改善するための食材選びのポイントは肝の気の巡りを良くするための食材と肝の気によって傷ついた胃を回復させるための食材、この2点を中医薬膳の考えから選ぶ

8.東洋医学の鍼灸治療で喉のつかえ感やげっぷは改善できます

当院の鍼灸治療で改善できます
当院の鍼灸治療で改善できます
東洋医学は西洋医学とは違って「逆流性食道炎」という病気の治療はありません。
不調が起きている体質(症状や病態)から根本的な原因を見つけて治療方法を組み立てます。今回は気滞と肝気犯胃という不調がこれに当たります。当院でもこの考えに則って東洋医学の鍼灸治療を行います。
気血の巡りをスムーズにし、肝と胃の不調を改善させて喉のつかえ感やげっぷを解消させます。
喉のつかえ感やげっぷ、逆流性食道炎でお悩みの方は当院の東洋医学の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。


関連する記事
鼻うがいが苦手でも、慢性上咽頭炎を自力で治すコツ
免疫力の低下にも予兆がある、病気になるまえに免疫力を上げよう
自律神経の不調は肝臓の疲れから、東洋医学で考える肝臓の不調
身体が疲れやすい体質は内臓の疲れが原因 ~その1~
ストレスによる吐き気や腹痛には東洋医学の鍼灸
便秘になるとげっぷとオナラが多くなる、その原因と解消法について
便秘や軟便を繰り返す過敏性腸症候群は東洋医学の鍼灸
過敏性腸症候群(IBS)は東洋医学の鍼灸
ストレスによって起こる過敏性腸症候群(IBS)は東洋医学の鍼灸
ゲップやオナラが頻繁に出る空気嚥下症(吞気症)には鍼灸
みぞおちや腹痛などストレス性胃腸炎には鍼灸
ストレスによる胃酸過多症は東洋医学の鍼灸
逆流性食道炎を自然治癒させるには東洋医学の鍼灸
喉のつかえ感やげっぷは逆流性食道炎の予兆?

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る