BLOG

ブログ

夕方に起こる頭痛の症状は鍼灸で完治する

夕方に起こる頭痛の症状は鍼灸で完治する
公開日:2024年1月09日
更新日:2024年1月09日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

夕方になると頭痛が起こる症状でお悩みの方に適切なアドバイス

体の疲労が強くて毎日だるい
耳鳴り、めまい、肩こり症状がつらい
疲れやストレスがたまると頭痛がでる

このような症状でお悩みの方はおられないでしょうか。
この夕方から夜に起きる頭痛の症状は身心のストレスとも結びつきが強く筋肉が関係している筋緊張性頭痛、自律神経と関係している片頭痛(または偏頭痛)とも関係があるとされています。

今回は「夕方に起こる頭痛の症状は鍼灸で完治する」と題して夕方に頭痛が起こる原因のメカニズムと鍼灸の有効性を解説します。

夕方に頭痛が起こる原因に疲労とストレスが関係

夕方に頭痛が起こりやすい原因には疲労とストレスが関係していると言われています。
疲労にはおおまかに「身体的疲労」と「精神的疲労」の二種類があります。

身体的疲労は別名で肉体疲労といわれているように、運動によって筋肉や関節などに疲労が蓄積されることによって起こるものです。
精神的疲労は目による視覚的な作業によって起こる疲労(眼精疲労)や頭を使って起こる脳の疲労などがあります。

実は身体的疲労も精神的疲労のどちらも首や肩などの筋肉の緊張を起こし夕方に筋緊張性頭痛を引き起こしやすいとされています。

またストレスも疲労同様に蓄積されて不調を起こすものと考えられており、とくに自律神経の働きを乱れさせる要因になります。
そのため片頭痛を起こしやすく、とくに夕方から夜に頭痛を引き起こすと考えられています。※1

夕方に起こる頭痛が起こりやすい人の特徴

夕方に起こる頭痛の特徴について解説します。

[夕方に起こる頭痛が起こりやすい人の特徴]
・同じ姿勢での作業が長い
・悪い姿勢を多くとっている
・枕が合わない
・運動不足が続いている
・月経痛や排卵痛がある
・産後や更年期で体質が変わった
・寝不足または寝過ぎである
・ストレスが溜まっている
・人込みや騒音が苦手
・温度変化や湿度変化に弱い

以上のいずれかに一つでも当てはまる場合は夕方に頭痛が起こりやすい傾向にあります。※2

【治療の体験者&改善例 】夕方になると頭痛が起こる(40代女性)

【治療の体験者&改善例】
40代女性で「夕方になると頭痛が起こる、とくに仕事の日は痛みが強い」との訴えでご来院されました。

当院にご来院前に脳神経外科で検査したところ「肩こり頭痛と片頭痛が併発している」との診断を受けていました。
脳神経外科で処方された片頭痛薬の服用を続けていましたが思うように改善されずに当院にご来院されました。

当院では東洋医学の観点から「夕方に起こる頭痛の根本的な原因」をお調べし、体質の改善を行う治療ポイントを診断しました。
状態としては首や肩の緊張が高まって頭痛が起こりやすくなっているだけでなく、生理不順や生理痛も強いとのことで自律神経の乱れも起こっていることがわかりました。

そのため当院では西洋医学に基づく筋肉の緊張緩和と東洋医学に基づく自律神経の調整を合わせた鍼灸治療でこの夕方の頭痛を改善させるように行いました。

【主に利用したツボ】
率谷というツボは頭部の気の巡りを正常に戻し頭痛を改善させるツボになります。
・率谷(そっこく)・・・耳の一番高い部分から指幅2本分ほど上にあがったところ

悪化すると動悸の症状が併発するため早めの改善が重要です

夕方に起こる頭痛が悪化すると「心臓がバクバクする」といった動悸が併発する可能性が高まります。
循環器系にも自律神経の働きによる調整があるため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで心拍に異常が起こり動悸や息苦しさが起こるとされています。

自律神経の乱れによる不調は様々ですが、夕方に起こる不調で多いのは動悸になります。
そのため夕方に頭痛が頻繁に起こる方は悪化による動悸に注意が必要です。

※夕方に起こる動悸については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

夕方や夜に起こる頭痛は東洋医学の鍼灸で完治する

このような夕方に起こる頭痛(筋緊張性頭痛や片頭痛など)は東洋医学の鍼灸治療が効果的です。

西洋医学ではこのような頭痛には「筋肉の緊張をほぐす薬」や「片頭痛を鎮める薬」という薬物による対処療法しかありません。
しかし、東洋医学では「夕方に頭痛が起こる」という時間帯によって変調をきたす性質、「ストレスや疲労で増悪する」という性質など頭痛の特徴を踏まえた上で効果的な鍼灸治療をすることができます。

また西洋医学のように薬物に頼らず自然治癒力のみで根本的な改善を行うことができます。
頭痛薬は飲み過ぎによっても頭痛を引き起こしたり、飲み過ぎで胃腸を傷つけてさらなる不調を起こすこともあります。
なるべく薬を利用せず頭痛を治すことが望ましいでしょう。

ぜひ、夕方に起こる頭痛でお悩みの方は当院にご相談ください。


友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


関連する記事
夕方に不安になる自律神経失調症は治せる
夕方に起こる熱はストレスの心因性発熱
夕方になると体調が悪くなる原因の対処法
夕方に眠くなる自律神経失調症の治し方
寝起きに起こる頭痛と気持ち悪さの治し方
おでこ周囲の頭痛を解消する改善方法
【偏頭痛のツボ】冷えで起こる頭痛を即効で治す方法
[参考]
※1【特集】頭痛の種類まとめ それぞれの違いと原因、症状、治し方、関連する病気/NHK健康チャンネル
※2 頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切/サワイ健康推進課


【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る