BLOG

ブログ

その症状は生理痛ではなくピルの副作用

その症状は生理痛ではなくピルの副作用
公開日:2022年11月22日
更新日:2023年01月15日
目次
1.生理痛は頭痛だけでなく様々な症状を及ぼす
2.生理痛が起こるメカニズム
3.排卵をとめる作用があるピルは副作用がある
4.生理痛の症状はピルに頼らずに自律神経を整えれば治る
5.東洋医学では生理痛は瘀血(おけつ)と血虚(けっきょ)という状態
6.ピルに頼らず生理痛の頭痛を治す,東洋医学の鍼灸
東京都武蔵野市三鷹駅北口にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログ記事を書いている我々は5万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。

1.生理痛は頭痛だけでなく様々な症状を及ぼす

生理痛は頭痛だけでなく様々な症状を及ぼす
生理痛は頭痛以外にも様々な症状が出る
生理痛代表的な症状に「頭痛」があります。頭痛は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの影響で自律神経が乱れて出現します。
しかし、生理痛は他にも様々な症状が出現します。代表的な症状に「腹痛・腰痛・下痢」があります。この症状は生理中に分泌されるプロスタグランジンの過剰分泌によって強い子宮の収縮が起こるのが原因です。
またこのホルモンは胃腸の働きが悪くし下痢や吐き気が起こすこともあります。
他には「貧血」があります。貧血は生理中の経血量が多いことで起こりやすくなります。
顔色が悪くなったり、クラクラとめまいが起きたりすることがあります。
また生理痛は情緒面も不安定にさせます。「イライラ・憂鬱感・怒りっぽい」などは代表的な症状です。生理にともなうホルモンの変化などによって、感情が不安定になります。
症状が生理前から続いて、生理がはじまると落ち着くようであればPMS(月経前症候群)の可能性があります。

2.生理痛が起こるメカニズム

女性が妊娠のするために卵胞ホルモンが分泌され子宮では排卵の準備が起こります。
卵管から卵子が送り出され子宮に運ばれたときに黄体ホルモンが分泌されます。
この黄体ホルモンにより子宮全体の壁が厚くなり妊娠の準備が整います。
この厚くなった子宮に受精卵が着床すれば妊娠しますが、妊娠が成立しない場合は子宮内膜が周期性により役目を終えます。
厚くなった子宮内膜が剥がれ落ち血液とともに体外に排出されます。
この排出の際に生理痛(月経痛)の原因となっているプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。
このプロスタグランジンの分泌によって起こる強い子宮の収縮が痛みや不調の原因です。

3.排卵をとめる作用がある低用量ピルは副作用がある

低用量ピルは副作用がある
低用量ピルは副作用がある
低用量ピルは服用することで妊娠に必要な黄体ホルモンと卵胞ホルモンからなる女性ホルモンを生成されないようにする作用があります。
その結果として排卵が起きなくなり子宮内膜の増殖が抑えられて受精卵が着床しにくくなる等の変化が生じます。
この子宮内膜の増殖が抑えられる効果が生理痛を予防につながります。
しかし、低用量ピルには様々な副作用があります。
・吐き気
 ・むくみ
・乳房の張り
 ・血栓症 
・不正出血
 ・抑うつ状態
・眠気
・悪心
これだけの副作用がありながら毎月起こる生理痛を抑えるのは身体への負担が多くリスクがあります。
また生理痛の根本的な原因であるホルモンと自律神経の乱れは低用量ピルを飲み続けても改善しません。
なぜなら、あくまでも低用量ピルは対処療法であり根本的に生理痛を治す薬ではないからです。

4.生理痛の症状はピルに頼らずに自律神経を整えれば治る

低用量ピルには様々な副作用があります。この薬を毎月訪れる生理のために飲み続けて人工的に生理を止めることは身体への負担とリスクがあります。
この生理痛を改善するためにはホルモンと自律神経の乱れを整える必要があります。
これをかなえるには西洋医学の薬物療法ではなく東洋医学の鍼灸治療でできます。

5.東洋医学では生理痛は瘀血(おけつ)と血虚(けっきょ)という状態

東洋医学では生理痛の原因に瘀血(おけつ)と血虚(けっきょ)という考えがあります。
瘀血は血液の流れが滞ることで血液が固まりとなり血行循環の邪魔をしてしまいます。
これによって血液の栄養と熱が上手く全身に行き渡らずに生理痛となります。
血虚は生理中に排泄される血液によって身体の血液が不足する状態です。
これも血液が不足することで栄養と熱が行き渡らず生理痛が起こります。

6.ピルに頼らず生理痛の頭痛を治す,東洋医学の鍼灸

ピルに頼らず生理痛の頭痛を治す
ピルに頼らず生理痛の頭痛を治す
多くの副作用がありながら毎月服用する低用量ピルは身体への負担が大きく飲み続けても生理痛は改善されません。
生理痛の根本的な原因である女性ホルモンと自律神経の乱れを改善するには症状が出ない身体作りである体質改善が必要です。
この体質改善を可能にするのが東洋医学に基づく鍼灸治療です。
ぜひ、つらい生理痛による頭痛を当院の東洋医学の鍼灸治療で改善してみてはいかがでしょうか。


関連する記事
朝から頭が痛い ,その改善に東洋医学の鍼灸
気象病に効く漢方薬はツムラ17五苓散ではない理由
頭痛の市販薬を飲んでも治らない、それなら東洋医学の体質改善で
ロキソニンが効かない?頭痛薬の使い過ぎでも頭痛が起こる~その1~
生理痛に効く食べ物は東洋医学で選ぶ
飲み過ぎている頭痛薬をやめるなら東洋医学の鍼灸
ロキソニンが効かない?頭痛薬の使い過ぎでも頭痛が起こる~その2~
症例報告 「月経周期(生理)に伴う不調(頭痛、倦怠感、不眠、月経不順)」
偏頭痛は病気なのか?そのメカニズムを解説~その1~
偏頭痛は病気なのか?治らない偏頭痛の原因~その2~
偏頭痛は病気なのか?薬に頼らない治し方~その3~
ストレスによる頭痛は東洋医学の鍼灸
気象病・偏頭痛は自律神経を整えれば改善する
低気圧による頭痛やだるさの対策に鍼灸治療
薬物使用過多による頭痛(MOH)は鍼灸で改善する
冬の寒さや冷えによる肩こり頭痛は東洋医学の鍼灸
薬を飲んでも改善しない頭痛は東洋医学の鍼灸
頭痛のような目の奥の痛みには東洋医学の鍼灸
子供の頭痛は東洋医学の鍼灸[薬に頼らずに改善できる]
枕が合わずに起こる朝の頭痛に東洋医学の鍼灸
呼吸が浅くなると偏頭痛が起こる,改善なら鍼灸
副鼻腔炎(蓄膿症)による頭痛は東洋医学の鍼灸
女性に便秘が多いのはなぜか?東洋医学で解説
更年期のほてり改善は冷やす前に鍼灸治療で温める
のぼせ・ホットフラッシュは男性でも起こる、男性更年期の改善には東洋医学
更年期・プレ更年期を元気に迎えるためには内臓を元気にしておくのが秘訣
抜け毛と白髪の原因は自律神経の乱れ、改善は東洋医学で
症例報告 「更年期障害による不調(ホットフラッシュ・頭痛・倦怠感)」
やる気が出ないなどの更年期症状は東洋医学で改善
貧血は鉄剤飲んでも改善しない,治すなら東洋医学で~その1~
貧血は鉄剤飲んでも改善しない,治すなら東洋医学で~その2~
症例報告 「2年半前から続くめまい・立ちくらみ」
更年期症状は鍼灸で自律神経を整えれば改善する
更年期障害の症状は東洋医学の鍼灸で治る
更年期は鍼灸で治る,東洋医学でみる喉の渇き
生理痛に効く食べ物は東洋医学で選ぶ
生理痛の解消は内臓を温めるところから、生理痛と冷え性の関係について
生理痛で薬が効かないときは東洋医学の鍼灸で改善
生理痛がひどいときは東洋医学の鍼灸で改善しよう
生理痛をなくす方法は東洋医学の鍼灸治療で出来る

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る