BLOG

ブログ

ドライシンドロームには自律神経の改善

ドライシンドロームには自律神経の改善
公開日:2023年05月04日
更新日:2023年05月31日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログ記事を書いている我々は5万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

冬でもないのに身体がカサカサと乾燥する

冬でもないのに身体がカサカサと乾燥する」「肌や口の中以外に目も乾燥している」といった肌以外に目や口腔粘膜なども乾燥が気になる症状の方はドライシンドローム(乾燥症候群)の可能性があります。今回は「ドライシンドローム(乾燥症候群)の治し方」と題してドライシンドロームの原因と治し方について解説します。

ドライシンドロームの原因に女性ホルモンの減少がある

「乾き」から私たちを守ってくれるのは唾液、涙、汗などの分泌物です。これを作ったり、放出したりする器官を外分泌腺と呼びます。ドライシンドロームで起こりやすい4つの乾燥症状はそれぞれ、外分泌腺である唾液腺、涙腺、汗腺と密接に関係しています。またドライシンドロームを起こす原因には女性ホルモンの減少や更年期障害などがあります。

外分泌腺はエストロゲンによって活発に働きになる

外分泌腺はエストロゲンの作用によって活発に働く性質があります。そのため、年齢を重ねて女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ることで、外分泌腺の機能も減少してしまいます。ドライシンドロームが女性の中でも更年期以降に多いのはこの更年期にエストロゲンの分泌が減少するためにあります。減少のスピードには個人差がありますが、急激に減少する人ほど重度なドライシンドロームになりやすい傾向があります。

緊張して交感神経が優位になるとドライシンドロームに

他にも外分泌腺の働きは自律神経によって調節されています。そのため日常的に緊張感が高まると交感神経が働き外分泌腺の働きを抑制させ、逆にリラックスすると副交感神経が働き外分泌腺の分泌を促します。心身にストレスがかかると交感神経が優位になってしまい、外分泌腺の機能が低下し、乾燥症状を引き起こしドライシンドロームになります。ストレスが多い現代社会では、男性や若い人でもドライシンドロームになる可能性があるのです。

ドライシンドロームによる口の乾燥

「口渇」とは唾液の分泌が減少することで、口の中が渇く症状を言います。乾燥することにより、舌や口の中に痛みが起こりやすくなったり、話しにくいさ、口の中がネバネバする、虫歯になりやすいなど、毎日の生活の中で口の中で不調を感じやすくなります。

ドライシンドロームによる目の乾燥

涙の分泌減少や安定性の低下、質的な変化によって、目の表面の健康が損なわれる状態を言います。目の表面が乾くことで10秒以上目を開けていることが難しい場合、ドライアイである可能性が高いと言われています。目がゴロゴロする、疲れやすい、かすむなどの症状があらわれ、目の表面が傷つきやすくなります。

ドライシンドロームによる皮膚の乾燥

皮膚の水分や皮脂量が不足することで皮膚が乾く症状を乾燥肌と呼びます。この水分や皮脂による皮膚のバリア機能が低下すると、皮膚の乾燥だけでなく肌荒れやかゆみなどの症状が出てきます。

ドライシンドロームによる膣の乾燥

腟周辺の粘膜が乾く症状を言います。腟周辺のヒリヒリとした痛みを感じることがあります。※女性は、加齢に伴い女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することで、やがて閉経を迎えます。この閉経を挟んだ約10年間を「更年期」と呼び、ホルモンバランスが崩れることによる様々なトラブル(更年期障害)が生じます。

ドライシンドローム(乾燥症候群)を治すなら鍼灸治療が効果的

このような女性ホルモンや自律神経の不調によって起こるドライシンドロームは鍼灸治療によって改善できます。鍼灸治療の刺激は神経反射によって中枢神経に働きかけ女性ホルモンや自律神経の不具合を正常な働きに調整する効果があります。それにより外分泌腺の機能を向上させドライシンドロームを改善させます。ぜひ、ドライシンドロームでお悩みの方は当院の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る