BLOG

ブログ

妊娠しやすい体質に変える食べ物

妊娠しやすい体質に変える食べ物
公開日:2022年10月22日
更新日:2023年02月11日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

血液や水分の巡りがよいと不調は起きない

東洋医学では不妊症に限らず身体の不調が起こる原因に血液や水分(体液)の滞りがあると考えます。不調を改善するためにはスムーズな巡りを障害している原因を除去し本来の循環を取り戻すことが大切です。今回の不妊症はこのような原因を除去する方法が適切な不妊症になります。

肥満の人に多い、湿気停滞タイプ

2.肥満の人に多い、湿気停滞タイプ
2.肥満の人に多い、湿気停滞タイプ
まず一つ目の不妊症の体質は湿気停滞タイプです。食べ過ぎや飲み過ぎなどにより消化機能が低下することで排泄されるべく湿気が身体に停滞し、その湿気が子宮を塞いでしまい血液の巡りが悪くなり妊娠が起こらないという状態です。
肥満の方が着床率しにくい、妊娠しにくいと言われている理由は東洋医学ではこの湿気停滞タイプにあたるからと考えます。 湿気が溜まりやすい食事を避け、身体に溜まった湿気を排泄することで妊娠する確率が高まります。

湿気停滞タイプの特徴的な全身症状

湿気停滞タイプの特徴的な全身症状は以下の通りになります。
【全身症状】
肥満体型、月経が起きないことがある、おりものが多い、四肢がむくみやすい、四肢が重だるい、めまい

イライラなど情緒不安定が原因、自律神経失調タイプ

イライラなど情緒不安定が原因、自律神経失調タイプ
イライラなど情緒不安定が原因、自律神経失調タイプ
ストレスなどによる情緒不安定な状態は自律神経が乱れて肝臓から子宮への血液量が低下することで不妊になる状態を自律神経失調タイプといいます。
原因が精神的なストレスが起因しているため、不妊治療をすることへのストレスや焦り、精神的や経済的な負担などのストレスなども不妊症を助長する因子になります。妊娠へと導くためには精神的なストレスを緩和させることが優先されます。

自律神経失調タイプの特徴的な全身症状

自律神経失調タイプの特徴的な全身症状は以下の通りになります。
【全身症状】月経不順(月経が前後不定期である)、月経前に乳房が張って痛い、下腹部の痛み、イライラ

血液の滞りが原因、血液停滞タイプ

血液の滞りが原因、血液停滞タイプ
血液の滞りが原因、血液停滞タイプ
寒さやストレス、体液不足などが原因で血液が滞ると血液が停滞してしまい瘀血(おけつ)という状態になります。この状態になると子宮に関わる骨盤内の血流が悪くなり不妊症が起こります。
これを血液停滞タイプとよびます。滞った血液を取り除き新鮮な血液を生成させて巡らせることで妊娠しやすくなります。

血液の滞りが原因、血液停滞タイプの特徴的な全身症状

 血液停滞タイプの特徴的な全身症状は以下の通りになります。
【全身症状】月経不順、月経痛、血塊が多い、子宮筋腫や子宮内膜症などがある

各子宮タイプの不妊症に必要な食べ物

各子宮タイプ別の不妊症に効果がある食べ物を選びました。今回も中医薬膳の観点から選定しました。
・湿気停滞タイプの不妊症に必要な食べ物
【食材】
みかん、レモン、ゆず、ハト麦,とうもろこし,大豆、あずき,とうがん,わかめ、ひじき自律神経失調タイプの不妊症に必要な食べ物
【食材】
そば,菜の花,らっきょう,えんどう豆,ジャスミン,みかん、レモン、ゆず、にんじん,ほうれん草,落花生,卵,牛乳,豚ハツ血液停滞タイプの不妊症に必要な食べ物
【食材】
そば,菜の花,らっきょう,えんどう豆,ジャスミン,みかん、レモン、ゆず、にんじん,ほうれん草,落花生,卵,牛乳,豚ハツ
以上が不妊症に効果がある食べ物です。
ぜひ、不妊症でお悩みの方はご自身の体質をチェックしていただき効果のある食べ物を食べて体質改善してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 不妊症に限らず身体の不調が起こる原因に血液や水分(体液)の滞りがあると考える
  • 排泄されるべく湿気が身体に停滞し湿気が子宮を塞いで血液の巡りが悪くなると不妊になる
  • ストレスなどの情緒不安定により自律神経が乱れて肝臓から子宮への血液量が低下すると不妊になる
  • 血液が停滞してしまい瘀血ができると子宮に関わる骨盤内の血流が悪くなり不妊になる

東洋医学の鍼灸治療であなたも妊娠できる体質に

今回は2回に分けて不妊症の方と妊活の方に向けたアドバイスを記載しました。機能性不妊症の多くは体質が原因の妊娠する機能の低下です。
体質改善は東洋医学に基づく鍼灸治療が適しています。ぜひ、お悩みの方は当院の東洋医学に基づく鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。

友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る