BLOG

ブログ

【自律神経失調症?】片耳だけ熱くなる原因と改善方法

【自律神経失調症?】片耳だけ熱くなる原因と改善方法
公開日:2024年6月03日
更新日:2024年6月21日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

耳が熱くなる不調でお悩みの方に適切なアドバイス

耳が熱くなる不調でお悩みの方に適切なアドバイス「熱はないのに片耳だけが熱くなる」
「耳が熱くて赤い気がするが気になるときと気にならないときがある」
「耳が熱いときは赤くなるだけで痛くもかゆくもない」

このような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。

このような症状があるときは自律神経失調症の可能性があります。
自律神経失調症は心身の疲れやストレスによって引き起こされる、自律神経の乱れが原因で起こる症状の一つです。

その中でも、耳が熱くなるという症状が現れることがあります。
今回は「【自律神経失調症?】片耳だけ熱くなる原因と改善方法」と題して自律神経症状が起こる原因と改善例を解説します。

「熱はないのに片耳だけが熱くなる」
「耳が熱くて赤い気がするが気になるときと気にならないときがある」
「耳が熱いときは赤くなるだけで痛くもかゆくもない」

このような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。

このような症状があるときは自律神経失調症の可能性があります。
自律神経失調症は心身の疲れやストレスによって引き起こされる、自律神経の乱れが原因で起こる症状の一つです。

その中でも、耳が熱くなるという症状が現れることがあります。
今回は「【自律神経失調症?】片耳だけ熱くなる原因と改善方法」と題して自律神経症状が起こる原因と改善例を解説します。

自律神経失調症とは身体の機能が低下している状態

自律神経失調症とは身体の機能が低下している状態自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで身体の機能に不具合が生じることで引き起こす症状です。
原因には心身のストレスや過労、生活習慣の乱れ、睡眠不足などが主な原因とされています。

また主な症状には、めまい、息切れ、動悸、吐き気、頭痛、動悸、めまいなどがあります。
また、身体症状だけでなく精神症状であるうつ症状や不安といった不調も関連して起こることがあります。

診断は除外診断で決まるため様々な疾患が当てはまらず、最後に症状から「自律神経失調症」とされることが多い傾向にあります。
この自律神経失調症の対処法には、まずストレスを避けることや、日常生活の改善、食生活の見直しが挙げられます。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで身体の機能に不具合が生じることで引き起こす症状です。
原因には心身のストレスや過労、生活習慣の乱れ、睡眠不足などが主な原因とされています。

また主な症状には、めまい、息切れ、動悸、吐き気、頭痛、動悸、めまいなどがあります。
また、身体症状だけでなく精神症状である
うつ症状や不安といった不調も関連して起こることがあります。

診断は除外診断で決まるため様々な疾患が当てはまらず、最後に症状から「自律神経失調症」とされることが多い傾向にあります。
この自律神経失調症の対処法には、まずストレスを避けることや、日常生活の改善、食生活の見直しが挙げられます。

耳が熱くなる原因は血管の過剰な収縮

耳が熱くなる原因は血管の過剰な収縮耳が熱くなる原因は、様々なものが考えられます。
一般的なものとしては、慢性疲労や精神的なストレスによる過緊張が考えられます。

この要因によって自律神経のバランスが崩れてしまい、末梢の血管が過剰に収縮して血流が悪くなることで発生します。
また、暑さや身体の外気温との寒暖差が大きい場合でも、耳が熱く感じられることがあります。

これは、体温調節の働きも自律神経が担っているためで、必要以上に血管が拡張して熱を逃がそうとするために起こります。

耳が熱くなる原因は、様々なものが考えられます。
一般的なものとしては、慢性疲労や精神的なストレスによる過緊張が考えられます。

この要因によって自律神経のバランスが崩れてしまい、末梢の血管が過剰に収縮して血流が悪くなることで発生します。
また、暑さや身体の外気温との寒暖差が大きい場合でも、耳が熱く感じられることがあります。

これは、体温調節の働きも自律神経が担っているためで、必要以上に血管が拡張して熱を逃がそうとするために起こります。

ホルモンバランスが崩れることで起こる

ホルモンバランスが崩れることで起こるさらに、ホルモンバランスの変化によっても、耳が熱くなることがあります。
特に、更年期や月経前症候群など女性ホルモン(エストロゲンなど)が乱れることで、この症状がみられることがあります。

最近では女性だけでなく男性でも男性ホルモンのテストステロンの乱れによって同様の症状が起こりことがあります。

さらに、ホルモンバランスの変化によっても、耳が熱くなることがあります。
特に、更年期や月経前症候群など女性ホルモン(エストロゲンなど)が乱れることで、この症状がみられることがあります。

最近では女性だけでなく男性でも男性ホルモンのテストステロンの乱れによって同様の症状が起こりことがあります。

病院やクリニックでは自律神経失調症の治療を行っていない

病院やクリニックでは自律神経失調症の治療を行っていない自律神経失調症このような不調は、ストレスや過労、栄養不足などが原因で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて引き起こします。
こうした症状が軽度であれば、生活習慣の見直しやストレス解消が有効ですが、症状が慢性化したり重度の症状である場合は積極的な治療が必要となります。


しかし、病院やクリニックでは自律神経失調症に対する対処療法の薬というものがなく、また治療方法というものがありません。
それにより、自律神経失調症の多くの方が正しい治療が行えずに慢性化してしまう傾向にあります。

自律神経失調症このような不調は、ストレスや過労、栄養不足などが原因で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて引き起こします。
こうした症状が軽度であれば、生活習慣の見直しやストレス解消が有効ですが、
症状が慢性化したり重度の症状である場合は積極的な治療が必要となります。

しかし、病院やクリニックでは自律神経失調症に対する対処療法の薬というものがなく、また治療方法というものがありません。
それにより、自律神経失調症の多くの方が正しい治療が行えずに慢性化してしまう傾向にあります。

自律神経失調症の改善には多角的な問診や検査が重要

自律神経失調症の改善には多角的な問診や検査が重要そのため自律神経失調症を早期に改善するためには、病院やクリニックでは行わない、筋肉、神経、血液循環などを多角的に問診や検査を行ったうえで自律神経のバランスを調べること正しい治療を確立することができます。
とくに日々の生活習慣や精神状態なども詳しく調べることが自律神経失調症の改善につながります。

そのため自律神経失調症を早期に改善するためには、病院やクリニックでは行わない、筋肉、神経、血液循環などを多角的に問診や検査を行ったうえで自律神経のバランスを調べること正しい治療を確立することができます。
とくに日々の生活習慣や精神状態なども詳しく調べることが自律神経失調症の改善につながります。

悪化すると頭部内うつ熱に進行するため早めの改善が重要です

悪化すると頭部内うつ熱に進行するため早めの改善が重要ですこのような耳が熱くなる自律神経失調症は悪化すると「頭部内うつ熱」と呼ばれる、頭が熱くなる症状に進行する可能性があります。
この頭部内うつ熱というのは東洋医学的な用語になりますが、西洋医学では「自律神経失調症による血流異常、感覚異常」になります。


耳が熱くなる症状とは違うホットフラッシュのような急に頭部がカッカと熱くなるような症状が起こり不快感が高まります。
そのため悪化しないように注意が必要な症状です。

※頭部内うつ熱については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

このような耳が熱くなる自律神経失調症は悪化すると「頭部内うつ熱」と呼ばれる、頭が熱くなる症状に進行する可能性があります。
この頭部内うつ熱というのは東洋医学的な用語になりますが、西洋医学では「自律神経失調症による血流異常、感覚異常」になります。

耳が熱くなる症状とは違うホットフラッシュのような急に頭部がカッカと熱くなるような症状が起こり不快感が高まります。
そのため悪化しないように注意が必要な症状です。

※頭部内うつ熱については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

耳の熱さを改善するためには鍼灸施術が効果的

このような心身のストレスで起こる不調は主に交感神経の過剰な興奮によって起こっています。
熱い症状を起こす要因にはストレスだけでなく慢性的な疲労、睡眠不足、心理的な不安感など様々なものがあります。

この治療に西洋医学では薬の処方による薬物療法以外にはありません。
しかし、さきほど解説したように自律神経(交感神経)に効かせる薬というものはないため、根本的な改善に至らないのは現状です。

東洋医学ではこのようなストレスによる発熱症状でも体質によって診断し治療まで結びつけることができるため治療が行えます。
また東洋医学の鍼灸治療は薬物を使わずに体質改善で不調を治すことができるため安心安全な治療法です。

「どこに行けば自分の不調を正しく改善できるかわからない」と治療方法でお悩みの方は当院にお気軽にご相談ください。


友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


[その他のおすすめの記事]
【ストレスで発熱?】心因性発熱の症状と正しい治し方
横になると頭に血が上る感じが起こる原因と治し方

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る