BLOG

ブログ

コーヒーの摂り過ぎで呑気症(空気嚥下症)になる理由

コーヒーの摂り過ぎで呑気症(空気嚥下症)になる理由
公開日:2024年5月31日
更新日:2024年5月31日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之と清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

呑気症(空気嚥下症)でお悩みの方に適切なアドバイス

呑気症(空気嚥下症)でお悩みの方に適切なアドバイス「コーヒーを飲むとげっぷが止まらなくなる」
「薬を服用すると吐き気とげっぷが出てくる」

このような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。

この不調は吞気症(空気嚥下症)と呼ばれる病気の症状です。
この病気が起こる原因は精神的なストレスなどとされていますが、まれに薬や飲食物によっても誘発されるケースがあります。


今回は「コーヒーの摂り過ぎで呑気症(空気嚥下症)になる理由」と題して吞気症について解説します。

「コーヒーを飲むとげっぷが止まらなくなる」
「薬を服用すると吐き気とげっぷが出てくる」

このような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。

この不調は吞気症(空気嚥下症)と呼ばれる病気の症状です。
この病気が起こる原因は精神的なストレスなどとされていますが、まれに薬や飲食物によっても誘発されるケースがあります。

今回は「コーヒーの摂り過ぎで呑気症(空気嚥下症)になる理由」と題して吞気症について解説します。

呑気症とは

呑気症とは呑気症は別名で空気嚥下症ともいい「何らかの要因により空気を飲んでしまう癖が起こる病気」をさします。
呑気症の詳しい症状は下記のリンクからご覧ください。

具体的に説明すると「喉や食道あたりから空気が口に逆流してきてげっぷをしてしまう。また同時に吐き気を伴います。」というものです。
この病気は悪化すると日常生活にも支障をきたすことがあります。

※呑気症(空気嚥下症)については下記のリンクを参照にしてください。

呑気症は別名で空気嚥下症ともいい「何らかの要因により空気を飲んでしまう癖が起こる病気」をさします。
呑気症の詳しい症状は下記のリンクからご覧ください。

具体的に説明すると「喉や食道あたりから空気が口に逆流してきてげっぷをしてしまう。また同時に吐き気を伴います。」というものです。
この病気は悪化すると日常生活にも支障をきたすことがあります。

※呑気症(空気嚥下症)については下記のリンクを参照にしてください。

発生すると1時間くらいげっぷが止まらない

発生すると1時間くらいげっぷが止まらないこの症状は朝は発生しにくい傾向にあります。
発生しやすい時間帯は昼食後や夕方にカフェイン系の飲み物を飲んだときです。
しかし、夕飯後はあまり発生しないことがあります。

呑気症が発生すると解消されるまでに30分~45分かかります。
この呑気症というものは心理的なストレスが一番の要因ですが、それだけでなく「食べ物や飲み物を飲んだ後」にも誘発させることもあります。

そのため「胃もたれが原因かもしれない」と胃薬を飲むこともありますが効果はありません。

この症状は朝は発生しにくい傾向にあります。
発生しやすい時間帯は昼食後や夕方にカフェイン系の飲み物を飲んだときです。
しかし、夕飯後はあまり発生しないことがあります。

呑気症が発生すると解消されるまでに30分~45分かかります。
この呑気症というものは心理的なストレスが一番の要因ですが、それだけでなく「食べ物や飲み物を飲んだ後」にも誘発させることもあります。

そのため「胃もたれが原因かもしれない」と胃薬を飲むこともありますが効果はありません。

服用する薬物によっても呑気症が起こる可能性がある

服用する薬物によっても呑気症が起こる可能性があるまた呑気症(空気嚥下症)は空気を飲んでしまう癖だけではなく、口にする飲食物によっても症状が現れることがあります。

例えば、ウィルス胃腸炎などで処方された薬などでも呑気症を引き起こすことがあります。
「薬を飲むたびにげっぷが頻繁に起こる」場合は薬による吞気症の可能性があります。

こういった薬による呑気症は発生してから1時間程度続くことがあります。

また呑気症(空気嚥下症)は空気を飲んでしまう癖だけではなく、口にする飲食物によっても症状が現れることがあります。

例えば、ウィルス胃腸炎などで処方された薬などでも呑気症を引き起こすことがあります。
「薬を飲むたびにげっぷが頻繁に起こる」場合は薬による吞気症の可能性があります。

こういった薬による呑気症は発生してから1時間程度続くことがあります。

飲食物でも発症要因となる

飲食物でも発症要因となる薬だけでなく、糖質や脂質の高い飲食物でも呑気症は発生しやすくなります。
例えば、ラーメンなどは糖質や脂質が多いため起こりやすいと考えられます。

他にもコーヒー、コーラ、アルコールを摂取した後に呑気症が起こる方もおられます。
この中でもとくにカフェインが含まれているコーヒーは高確率で呑気症が発生しやすい傾向にあります。

最近では高いカフェインの含有量であるエナジードリンクもありますが、吞気症を誘発、悪化させる要因であるため避けることをおすすめします。

薬だけでなく、糖質や脂質の高い飲食物でも呑気症は発生しやすくなります。
例えば、ラーメンなどは糖質や脂質が多いため起こりやすいと考えられます。

他にもコーヒー、コーラ、アルコールを摂取した後に呑気症が起こる方もおられます。
この中でもとくにカフェインが含まれているコーヒーは高確率で呑気症が発生しやすい傾向にあります。

最近では高いカフェインの含有量であるエナジードリンクもありますが、吞気症を誘発、悪化させる要因であるため避けることをおすすめします。

コーヒーは品質で症状が変わってくる

コーヒーは品質で症状が変わってくる当院に通院されている患者様でも「自分で挽いた豆のコーヒーでは呑気症がでないが、売られているペットボトルのコーヒーだと吞気症が起きる」という方もおられます。
詳しい原因はわかりませんが、おそらくコーヒーの品質による成分の違いが吞気症の発生の有無に関わっているのではないかと考えられます。

当院に通院されている患者様でも「自分で挽いた豆のコーヒーでは呑気症がでないが、売られているペットボトルのコーヒーだと吞気症が起きる」という方もおられます。
詳しい原因はわかりませんが、おそらくコーヒーの品質による成分の違いが吞気症の発生の有無に関わっているのではないかと考えられます。

悪化すると咽喉頭異常感症に進行するため早めの改善が重要です

悪化すると咽喉頭異常感症に進行するため早めの改善が重要です呑気症は過剰な交感神経の興奮によって起こりますが、呑気症が悪化すると併発しやすい交感神経の不調に「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」があります。
咽喉頭異常感症は「喉の詰まり感や不快感」など喉周囲の不調が主な症状になります。

吞気症で起こるげっぷや吐き気は逆流性食道炎とも間違えやすいですが、吞気症の悪化ではこの咽喉頭異常感症が起こりやすい傾向にあります。
そのため吞気症が発症した場合は逆流性食道炎や咽喉頭異常感症への悪化を防ぐためにも早期に改善することが重要です。

※咽喉頭異常感症に関しては別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

呑気症は過剰な交感神経の興奮によって起こりますが、呑気症が悪化すると併発しやすい交感神経の不調に「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」があります。
咽喉頭異常感症は「喉の詰まり感や不快感」など喉周囲の不調が主な症状になります。

吞気症で起こるげっぷや吐き気は逆流性食道炎とも間違えやすいですが、吞気症の悪化ではこの咽喉頭異常感症が起こりやすい傾向にあります。
そのため吞気症が発症した場合は逆流性食道炎や咽喉頭異常感症への悪化を防ぐためにも早期に改善することが重要です。

※咽喉頭異常感症に関しては別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

呑気症を改善するためには鍼灸施術が効果的

呑気症が起こるげっぷの大半はストレスによる自律神経の不調です。
しかし、今回のように薬物、飲食物によっても吞気症が起こるケースがあります。

そのため胃腸内科などで処方される薬、カフェインなどは吞気症の悪化や慢性化につながる場合があるため注意が必要です。

呑気症を改善するには自律神経と関係の深い、中枢神経における不具合を調整することが重要です。
この不具合を調整するアプローチは鍼灸治療が効果的です。

「どこに行けば自分の不調を正しく改善できるかわからない」と治療方法でお悩みの方は当院にお気軽にご相談ください。


友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。


[その他のおすすめの記事]
【空気を飲む癖】呑気症を早く治す鍼灸のツボ

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る