BLOG

ブログ

熱中症のトラウマを克服するには自律神経の改善が重要

熱中症のトラウマを克服するには自律神経の改善が重要
公開日:2024年07月10日
更新日:2024年07月10日
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之と清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。
【SNS】
Youtube , Instagram , X(Twitter)

熱中症のトラウマでお悩みの方に適切なアドバイス

「暑さや湿気がもともと苦手でいつも夏に気分が悪くなってしまう」
「暑さに身体がついていかず、体調を崩しがちになる」

毎年夏になるとこのような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。
こういった体質の方は、気温や湿度の変化によって身体がストレスを感じ自律神経が乱れることによって身体に症状がでやすく熱中症になりやすい傾向があります。
また熱中症のあとにトラウマ(暑さに対する恐怖感)になりやすく生活に支障が起きることがあります。


今回は「熱中症のトラウマを克服するには自律神経の改善が重要」と題して熱中症とトラウマの関係性について解説します。

「暑さや湿気がもともと苦手でいつも夏に気分が悪くなってしまう」
「暑さに身体がついていかず、体調を崩しがちになる」

毎年夏になるとこのような不調でお悩みの方はおられないでしょうか。
こういった体質の方は、気温や湿度の変化によって身体がストレスを感じ自律神経が乱れることによって身体に症状がでやすく熱中症になりやすい傾向があります。
また熱中症のあとにトラウマ(暑さに対する恐怖感)になりやすく生活に支障が起きることがあります。

今回は「熱中症のトラウマを克服するには自律神経の改善が重要」と題して熱中症とトラウマの関係性について解説します。

熱中症はトラウマを引き起こす可能性がある

熱中症(暑さ)と精神的トラウマ(恐怖感)には関係性があることをご存じでしょうか。

過去に熱中症で体調を崩した経験のある人は、それ以降夏の暑い環境や湿気の多い環境に対して苦手意識が強くなります。
暑さで息苦しさや身体に熱がこもる状態になると精神的に強い恐怖心、不安感が高まったりすることがあります。

この反応は一種のトラウマによるものと考えられてします。
不安感が高まると自律神経が乱れて、ときにはパニック発作や自律神経の乱れによって再度熱中症を引き起こしやすくなることがあります。
また熱中症で悩まされている方は症状が悪化したりすることがあります。

このトラウマによる反応は熱中症になったときのことが身体、脳、神経に、強い精神的ストレスとして記憶されていることが考えられます。

熱中症(暑さ)と精神的トラウマ(恐怖感)には関係性があることをご存じでしょうか。

過去に熱中症で体調を崩した経験のある人は、それ以降夏の暑い環境や湿気の多い環境に対して苦手意識が強くなります。
暑さで息苦しさや身体に熱がこもる状態になると精神的に強い恐怖心、不安感が高まったりすることがあります。

この反応は一種のトラウマによるものと考えられてします。
不安感が高まると自律神経が乱れて、ときにはパニック発作や自律神経の乱れによって再度熱中症を引き起こしやすくなることがあります。
また熱中症で悩まされている方は症状が悪化したりすることがあります。

このトラウマによる反応は熱中症になったときのことが身体、脳、神経に、強い精神的ストレスとして記憶されていることが考えられます。

予防するためにも熱中症の予備知識をつけましょう

熱中症後のトラウマや再発を予防するためには熱中症に対する予備知識や対策をしっかりと身につけることが重要です。
以下は熱中症予防にとても大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れることで体温調節の機能が働かなくなることです。
それによりめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状が起こります。

最近では猛暑の影響で外出する機会が減ることで、外の気温や気候の変化にあまり対応しにくい体になっています。
さらに外出時に夏でもウイルス感染予防として日々マスクをつけている方が多く、熱中症にかかりやすいリスクは高まっています。

その他にもマスクをつけることによって呼吸がしにくくなったり、マスクの圧迫感から湿気の多い時に感じる特有の息苦しさを感じることがあります。
そのため外出時にマスクをつける際は人込み以外や歩行中などは外してしっかり呼吸ができるように確保することも熱中症予防に大切です。

熱中症後のトラウマや再発を予防するためには熱中症に対する予備知識や対策をしっかりと身につけることが重要です。
以下は熱中症予防にとても大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れることで体温調節の機能が働かなくなることです。
それによりめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状が起こります。

最近では猛暑の影響で外出する機会が減ることで、外の気温や気候の変化にあまり対応しにくい体になっています。
さらに外出時に夏でもウイルス感染予防として日々マスクをつけている方が多く、熱中症にかかりやすいリスクは高まっています。

その他にもマスクをつけることによって呼吸がしにくくなったり、マスクの圧迫感から湿気の多い時に感じる特有の息苦しさを感じることがあります。
そのため外出時にマスクをつける際は人込み以外や歩行中などは外してしっかり呼吸ができるように確保することも熱中症予防に大切です。

熱中症の予防にはこまめな水分補給が大事

また身体を動かす機会が減り涼しい部屋に長時間いると汗がかきづらくなり、その分の水分補給も減ってしまいます。
知らず知らずのうちに水分補給が足りなくなり熱中症になる可能性が高くなります。

よく「小まめな水分補給が大事」と言われることが多くあります。
その理由としてひとつには水分を取る際に一度に多くの量を飲むと胃に負担をかけてしまい、逆に脱水症状になってしまうことがあります。
そのため飲む時は、大量にまとめて取るのではなく、口に含み、口の中をゆっくり湿らせるように複数回に分けて飲むようにしましょう。

また身体を動かす機会が減り涼しい部屋に長時間いると汗がかきづらくなり、その分の水分補給も減ってしまいます。
知らず知らずのうちに水分補給が足りなくなり熱中症になる可能性が高くなります。

よく「小まめな水分補給が大事」と言われることが多くあります。
その理由としてひとつには水分を取る際に一度に多くの量を飲むと胃に負担をかけてしまい、逆に脱水症状になってしまうことがあります。
そのため飲む時は、大量にまとめて取るのではなく、口に含み、口の中をゆっくり湿らせるように複数回に分けて飲むようにしましょう。

熱中症の予防に必要な塩分の摂り方

熱中症予防には水だけでなく塩分も一緒に取るようにすることで水分の吸収率が高まります。
真夏の時期は 「朝、昼、夜」と3回に分けて摂取することをおすすめします。
水と塩分を効率良く摂ることで

①夜中に足がつるのを防ぐ
②筋肉痛や張り感を抑制できる
③むくみの予防
④寝汗の予防

といった効果にもつながり快眠が得られるようになります。
睡眠の質の向上は身体や脳の修復にも良い影響を与えます。

熱中症予防には水だけでなく塩分も一緒に取るようにすることで水分の吸収率が高まります。
真夏の時期は 「朝、昼、夜」と3回に分けて摂取することをおすすめします。
水と塩分を効率良く摂ることで

①夜中に足がつるのを防ぐ
②筋肉痛や張り感を抑制できる
③むくみの予防
④寝汗の予防

といった効果にもつながり快眠が得られるようになります。
睡眠の質の向上は身体や脳の修復にも良い影響を与えます。
それによりストレスを軽減し自律神経の症状の悪化を防ぐことができるようになります。

悪化するとパニック障害に進行するため早めの改善が重要です

この熱中症の後遺症であるトラウマは解消できずにいるとパニック障害へと進展する可能性が高まります。
一番の理由には度重なる不安感や恐怖感によって自律神経の機能が失調してしまうことで体温調節や循環器機能が低下することによります。

急激な暑さに身体が晒されると健康体であれば体温調節(血行循環や発汗)が働きますが、自律神経失調症によって上手く働かずにいると、過剰な暑さ(ストレス)によって発作的(パニック発作)に動悸、息苦しさ、吐き気などが起きてしまいます。
そのため熱中症後に起こるトラウマに関してはパニック障害への進行、熱中症の再発を予防するためにも早期に解消することが重要です。

※パニック障害については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

この熱中症の後遺症であるトラウマは解消できずにいるとパニック障害へと進展する可能性が高まります。
一番の理由には度重なる不安感や恐怖感によって自律神経の機能が失調してしまうことで体温調節や循環器機能が低下することによります。

急激な暑さに身体が晒されると健康体であれば体温調節(血行循環や発汗)が働きますが、自律神経失調症によって上手く働かずにいると、過剰な暑さ(ストレス)によって発作的(パニック発作)に動悸、息苦しさ、吐き気などが起きてしまいます。
そのため熱中症後に起こるトラウマに関してはパニック障害への進行、熱中症の再発を予防するためにも早期に解消することが重要です。

※パニック障害については別のページで解説しています。
 詳細な情報は下記のリンクからご覧ください。

熱中症の後遺症は当院の鍼灸治療で改善できる

熱中症の後遺症はパニック障害に似ている症状であるためクリニックなどでは抗不安薬や抗うつ薬などを処方するケースがあります。

しかし、根本的な改善に至らずに当院にご来院されることが多々あります。
根本的な改善をするためにはさきほど解説したように東洋医学に基づき自律神経の乱れと関連のある胃腸と心臓の機能を向上させる治療方法が良いと当院では考えております。

ぜひ、「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方は当院の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。


友だち追加

※LINEでお友だち登録して頂ければ
 無料でチャットができます。



【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る