BLOG

ブログ

気分変調症や持続性抑うつ障害は鍼灸で治る

気分変調症や持続性抑うつ障害は鍼灸で治る
東京都三鷹駅にある自律神経専門院鍼灸院コモラボです。このブログを監修している鈴木貴之清水正太は国家資格であるはり師免許、きゅう師免許、柔道整復師免許、心理カウンセラーを取得した資格保有者です。8万人以上の臨床経験を誇る独自の自律神経調整の鍼灸治療により病院やクリニックでは改善できない不調で悩まれている多くの患者様の症状を改善に導いている実績があります。「病院にいっても薬を処方されるだけで治らない」とお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

1日中持続する抑うつ気分を気分変調症という

気分変調症は持続性抑うつ障害とも呼ばれますが、その特徴はほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続くことです。

不適応感、自責感、過敏性、怒り、引きこもり、興味の喪失、活力減退、生産性低下などの症状が見られます。
以前は抑うつ神経症と呼ばれていました。

長期にわたる抑うつ状態が気分変調症を引き起こす

気分変調症が起こりやすい方は「身の回りの出来事の結果や原因やあの人が不機嫌なのは、自分が至らないせいだ、自分の努力が足りないからだなどと物事をとらえ続ける」マインドの傾向があります。

その時期が長期に及ぶにつれ、その抑うつ状態を「自らの性格の一部なのだ」と信じるようになってしまい、抑うつの状態の悩みを誰にも打ち明けられず、一人で抱え込んでしまい、結果として持続性抑うつ障害(気分変調症)になってしまいます。

気分の落ち込みは自律神経とホルモンのバランスが関係

気分の落ち込みは自律神経とホルモンのバランスが関係

精神の安定は自律神経とホルモンバランスの正常な働きによって成り立っています。
しかし、身体的ストレスや慢性的ストレスなどの疲労が身体に蓄積されると生理周期や気圧などでホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなり精神の安定が崩れやすくなります。

気分の落ち込みはこの機序によって起こります。 生理周期や気圧の変化は脳内の活動も低下させ、精神の安定に関わるセロトニンやノルアドレナリンが上手く分泌されなくなります。

セロトニンやノルアドレナリンは意欲や気分に関する神経伝達物質になるため、結果的に気分の落ち込みを引き起こすことになります。

気分の落ち込みを改善するにはホルモン分泌を促すようにする

気分の落ち込みを改善するにはホルモン分泌を促すようにする

このような気分変調症を改善するためにはセロトニンやノルアドレナリンなど脳内の神経伝達物質の分泌を促す改善が必要です。

そのためにはホルモンバランスと関係性の高い自律神経を安定的に働かせることが大切です。

その自律神経の安定に効果的なのが東洋医学の鍼灸治療によるツボ刺激になります。

気分変調症に効く対処法は鍼灸治療が効果的

このような気分変調症(持続性抑うつ障害など)には東洋医学に基づく鍼灸治療が効果的です。

効果的なツボを使用して的確に変調を及ぼしている自律神経やホルモンに働きかけます。
初めての方でも安心・安全に施術を受けていただける優しい刺激です。

ぜひ、気分の落ち込みでお悩みの方は当院の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか。


関連する記事
首を温めると自律神経が整いうつが治る[鍼灸師が解説]
【うつ症状】気分の落ち込みにオススメのツボ3選
[参考]
気分変調症について/大森こころクリニック

【三鷹駅徒歩1分 自律神経専門の鍼灸院コモラボ】

自律神経専門鍼灸院コモラボでは、
⾃律神経の乱れによる体調不良にお悩みの⽅に特化した、
東洋医学に基づく鍼灸院です。

適応症状

睡眠障害(不眠症)、動悸、不安症、不妊症、頭痛(肩こり頭痛、偏頭痛)、更年期症状(イライラ、ホットフラッシュ、動悸)、耳鳴り、睡眠薬・鎮痛剤の副作用など様々な不調に対応しています。
※お悩みのご相談も無料で承っております。メールやLINEからご連絡ください。

・住所 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-7-7 オサダビル4F
・営業時間 9:30~19:30(年中無休)
・電話番号 0422-38-8708
・予約方法 メール・LINEチャットまたは電話でご連絡ください

一覧に戻る